石原さとみメイクのポイントはチークにあり

石原さとみ チーク
この記事の所要時間: 338

石原さとみさんと言えばぽってりとした唇ですよね!
あのふっくらとした色っぽい唇は女性なら誰でも憧れるパーツです。でも石原さとみさんのメイクのポイントは実は唇ではなく「チーク」だったんです。

色っぽい唇をさらに魅力的に引き立ててくれる石原さとみメイクの秘密、「チーク」について今回はご紹介していきます!

一重、奥二重の必見!最近多くの人が綺麗な二重を手に入れています。これで毎日のメイクがもっと楽しくなる!

大丈夫!今から本物の二重を簡単に手に入れる方法

2015.09.26
スポンサードリンク

石原さとみは血色が良い!

石原さとみ メイク チーク

石原さとみさんを思い浮かべると可愛らしいピンク色が出てきませんか?チークもリップもそこまで濃いイメージではないのに、なぜか発色のいいピンク色って感じがしますよね。その理由は彼女の「血色の良さ」にあります。

元々の肌の血色がいいのはもちろん、血色が良く見えるチークの塗り方もしているのでナチュラルなピンク色が表現できるんですね♪

チークの前にベース作り

石原さとみ メイク チーク

チークを塗る前に大切なのが元々の肌の血色の良さ!肌が青白くなっているとどんなにチークを塗っても綺麗なピンク色にはなりません。

ベースメイクの方法

1.洗顔後に化粧水をコットンでたっぷりと塗ります。塗り終わったら手で馴染ませて、乾燥している部分がないかチェックしましょう!

2.次は乳液で保湿していきます。掌の体温で一度温めてから塗ると馴染みやすいです。

このときおでこ→鼻筋→目の周りを通って頬へ、そのまま口の周り→あご周り→首筋に向かってリンパを流していきましょう。マッサージをすることで顔の血色が良くなり、よりチークの効果を上げてくれます。

3.ピンク系の下地を塗ります。ブラシで下地を塗ったら、スポンジで細かい部分を馴染ませていきます。この上にいつものファンデーションをのせても、ピンク系の下地を塗っていれば血色の良さは失われません。

石原さとみになれるチーク選び

石原さとみ メイク チーク

石原さとみさん風になるためのチークはもちろん「ピンク」がオススメ。コーラルピンクでもOKです♪さらにパール入りのチークを使うとぷっくりとした瑞瑞しい頬を作ることができます。ピンクはちょっと使いづらい・・・という大人の女性でも、パール入りピンクなら色が強調されないので試しやすくなりますよ!

スポンサードリンク

どうしてもピンクは無理!という方はオレンジチークを試してみてもOK。

血色が良く見えるチークの塗り方

石原さとみ メイク チーク

チークの塗り方のポイントは「ナチュラル」に見えること!

ごてごてに濃いチークを塗れば可愛いピンク色は表現できますが、それでは化粧の厚塗り感が先に目立って美しくありません。色っぽく肌が少し火照っているようなナチュラル感を目指しましょう!

自然に血色良く見えるチークの塗り方

  1. ブラシにチークをつけ、余分な粉をティッシュでオフします。
  2. 頬骨よりも高い位置にチークをさっと内側から外側へ向かってのせていきます。
  3. ハイライトパウダーを上へ重ねて立体感を出しましょう!

これで内側からにじみ出るような自然なピンク色を演出することができます。絶対に塗りすぎて子供っぽくならないように注意してくださいね!

透明感をより出したいときには・・・?

石原さとみ メイク チーク

肌が色白の石原さとみさんと同じようにチークを塗っても、「あれ、ちょっと違う?」なんて感じる人もいると思います。もっと石原さとみさんみたいな透明感がほしい!という方は、ベースメイク後にハイライトをのせてみましょう。

パール入りホワイトベージュのパウダーチークをTゾーンに入れるだけで、より立体感と透明感を出すことができます。少しくすんで見えるときはぜひハイライトを試してみてください。

石原さとみ メイク チーク

いかがでしたか?

チーク1つ違うだけで肌の血色の良さは全然違ってきます。特に秋冬のような寒い季節は血色が悪くなりがちなので気をつけてください。石原さとみさんのような自然で色っぽいチークを真似して、男性、女性みんなに愛されるメイクを目指してくださいね!

関連記事
目の下の可愛いチークの入れ方でイマドキ顔に変身
石原さとみのメイク特集
一重の方必見!これであなたも可愛くなれる

スポンサードリンク
石原さとみ チーク

この記事を友達にシェアしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です