一重でも大丈夫!メイクでかわいいは作れる☆

サムネ354
この記事の所要時間: 349

一重でも可愛いは作れる☆

今回は、一重で悩んでる人に向けたメイク方法を紹介したいと思います♪

一重の人でも可愛いメイク方法はあるんですよ。

スポンサードリンク

 

きりっとした印象が素敵な一重さん。

ただ、「いつもクールになってしまう…

可愛い印象を作れない…」と、悩むこともあるのではないでしょうか?

一重さんも、いくつかのポイントを気に掛けることで、

可愛いメイクを楽しめます!今日はそのポイントを紹介していきます。

 

一重さんのメイク アイメイク

一重メイク 可愛い

一重さんのアイメイクのポイントは

腫れぼったく見せない」こと!

一重さんはまぶたが厚めの人が多いので、

どうしても腫れぼったい印象を与えがちです。

アイライナーとアイシャドウで、

腫れぼったさを感じさせないアイメイクを作っていきましょう。

 

一重メイク アイライン

一重メイク アイライン 引き方

アイラインをちょっと工夫して描くだけで、

目がぱっちりと大きく見えるようになります。

 

■用意するもの

黒もしくは茶のペンシルアイライナー、リキッドアイライナー

 

■やり方

1.ペンシルアイライナーで、上まぶたの内側の粘膜にラインを描く。

粘膜を塗りつぶすように、しっかりと描いてください。

ただし、目に入らないように気を付けてくださいね!

 

2.リキッドリキッドアイライナーで、

まつげの生え際を丁寧に埋めていく。

リキッドアイライナーの先を使って、

まつげの隙間をちょんちょんと埋めていくイメージです。

 

3.リキッドアイライナーで、

目頭から目尻まで線を描いていきます。

ポイントは、目尻を少し長めに書くこと。

アイラインを描いてきたそのままの角度を延長して描いてください。

※このとき、目尻にコンシーラーがついていると

リキッドアイライナーがうまくのりません。

アイライナーで線を引く前に

目尻に少しお粉をはたいておくと、うまく描けます。

 

スポンサードリンク

4.ペンシルアイライナーで、

3で描いたリキッドアイライナーの上をなぞっていきます。

ただし、目尻に伸ばして描いたアイラインには重ねないようにしましょう。

ペンシルアイライナーで

目尻に細めのアイラインを描くと、にじみやすいためです。

 

5.綿棒を使って、4で描いたアイラインをぼかしていきます。

黒目の上部分を中心に、

アイラインを上に広げるようなつもりでぼかします。

 

以上でアイラインは完成です!

粘膜、まつげの間に描いたラインで目のフレームを強調し、

ペンシルアイライナーをぼかすことで

自然なデカ目効果を演出できます。

 

一重メイク アイシャドウ

一重メイク アイシャドウ

アイシャドウはいろいろな色を楽しみたいものですよね。

一重さんも、いくつかのポイントをクリアしたアイシャドウなら

様々な色を楽しむことができます!

 

■ポイント

マットではなく、薄いパール感がある

マットなアイシャドウは、

皮膚を厚ぼったく見せてしまうので、一重さんには向いていません。

 

薄いパール感のあるアイシャドウなら、軽やかに仕上がります。

「ピンク」以外の色である

ピンクは、たとえ薄い色であっても避けましょう。

特に避けたいのは、チークに使うようなタイプの濃いめのピンクです。

ピンクはその性質上、

どうしてもまぶたを腫れぼったく見せてしまう色なのです。

 

以上のポイントをクリアしていれば、

ラメ入りもOK!気分に合った色を楽しんでくださいね。

いかがでしたか?いくつかの簡単なポイントだけで

一重さんもパッチリ目に大変身!

マスカラやチークも組み合わせて、楽しくメイクしてくださいね。

 

関連記事

石原さとみ風メイクは一重でも可愛い

一重さんが可愛いくっきり二重に大変身

みちょぱのメイク方法を詳しく紹介

 

スポンサードリンク

ソーシャルボタン共有お願いします。

サムネ354

この記事を友達にシェアしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です